放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS レオ六周年記念日

<<   作成日時 : 2014/01/04 21:32   >>

トラックバック 0 / コメント 2

今日でレオがうちに来て、丸6年になりました・・・


画像左の写真は、2014年版の日本犬365カレンダーの今日、1月4日の所に掲載されているレオです。昨年の7月に撮影された写真です。うちに来た最初の頃と較べると、当時はまだあどけなさがありましたが、最近はすっかり成犬の顔になりました。














画像そして、これは3日前の元旦に撮影したレオ。リラックスしたヘソ天寝は今やレオのトレードマークと言っても良いほど(笑)
















画像最近は番犬としても優秀な働きを見せているレオ。迷惑なネコをことごとく追っ払ってくれるお陰で、汚染被害が最近は無くなり、我が家の庭にも清潔さが戻ってきました。















画像勤勉に番犬する傍ら、このように日光の入り込む角度に体を合わせて日向ぼっこするレオ。冬の間のレオのリラックススタイルの定番です。
















画像ダンボールに寄りかかって寝る事もしばしば。



















画像外で活発に動き回る事が生きがいのような犬種が、このように家の中でリラックスした生活ができるのは嬉しい事です。もっとも、雷が鳴ると家を破壊されますが・・・
















画像一昨日は弟の家で私の兄弟が集まる会合があり、弟からのリクエストでレオも連れて行きました。車内での一人ぼっちは嫌なのか、ピーピー鼻を鳴らしながらハッチゲートから出ようとします。















画像弟の家ではレオにはケージに入って貰いました。ケージは実に4年ぶりなので、素直に入るか心配でしたが、意外にも「ハウス」の一言ですんなりと入ってくれました。もっとも、入って暫くはピーピー鳴いていましたが・・・














画像ケージは玄関に置きましたが、寂しがり屋のレオのためにドアを開けっ放しにして我々の姿が常に見えるようにしておきました。
















画像でも、近付いて行って「レオ」と声をかけると、このようにシカトされます(笑)。相変わらず自尊心は強いようです。普段は室内フリーのレオには4年ぶりのケージは窮屈だったかも知れませんが、義妹の配慮により玄関では一晩中ファンヒーターを回して貰ったので、暖かく眠れたようでした。













画像レオとの外泊は実に3年ぶりでした。飼主、レオ共に快適な一晩を過した翌日は、帰路で安房勝山に立ち寄って散歩しました。
















画像ここで約20分ほど海辺を散策。



















画像最初は塀に登って駐車場方面に直ぐに戻ろうとしていたレオですが・・・

















画像やがては海にも少し興味を示し・・・



















画像海を横目に軽い足どりでスタスタと・・・



















画像スタスタと・・・
天気も良く、気持ちのいい散歩でした。

















さて、レオの6周年記念記事よりも、その前日の安房勝山の方が長くなりましたが、人間が大好きで人間とのコンタクトには全く問題がないレオの性格は6年前からずっと変わりません。あとは、他の動物と仲良くできれば・・・

それはもう、望むのやめようかな・・・ とりあえず幸せだし・・・


画像そして更に、がらりと話が変わって、これは昨年の正月に撮影した写真。タイトルは「親父とレオ」。そうです、この男性は私の実父で、昨年上京した際に館山にも来て貰いました。もう直ぐ77歳になりますが、今でも非常勤で警備員の仕事をしているそうです。その元気さを分けて欲しい。レオも親父には良く懐いていました。
ご訪問有難うございましたm(_ _)m

にほんブログ村 犬ブログ 紀州犬へ にほんブログ村 犬ブログ 犬動画へ にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
レオ君元気爆発してますか?^^
ゲージの中に入ってくれるって素晴らしいですね。コスモだったらきっとぶっ壊してましたよ笑
お父様もお元気ですね、うちの親父は63になりましたよ。
紀州犬はもう無理といわれてますがまた、飼いたいと思ってます。
レオ君ともまた会いたいです。
casea
2014/01/06 23:52
caseaさん♪
はい、元気爆発中ですよ^^
コスモ君の訃報を昨日になって知り、涙をこらえきれませんでした。
紀州犬タロー君の時もそうでしたが、一度でも直接触れあったワンコが逝ってしまうと、とても悲しくなります。うちのレオが接近しても、落着いて受け入れてくれたコスモ君に今でも感謝しています。もし松戸方面にレオと行く機会があれば、その時は連絡しますね。
野郎
2014/01/07 00:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
レオ六周年記念日 放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる