放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS 動物愛護 #4 愛護センター見学

<<   作成日時 : 2007/10/31 23:45   >>

トラックバック 2 / コメント 2

10月31日(水) 晴れ 
今日はサーフボードのリペアは中止し、動物愛護センター見学に行きました。 


もともとは、サーフィンブログなので、この手のテーマは深入りはしませんが、多くの人が現実を知るべきテーマだとも思います。では早速。

画像見学なので、30分位で全て終わるのかなと思っていましたが、最初にセンター職員の方からの大変丁寧な説明が1時間強あり、色々教えて頂きました。説明終了後、その職員の方に連れられて、まず最初は躾けのモデル犬舎を見学した後、譲渡用の子犬舎(左写真)を見学。曇った窓越しに、おどけた顔のかわいい子犬が数匹いました。この子達が幸せになるのは時間の問題(だといいけど)でしょう。










画像次は捕獲犬収容室。ここからが重要!飼い主を待つラッキーな子犬たちに較べ、ここに収容されているのは死を待つ犬達。平日5日間の収容日別に5つの収容室があり、土日を入れて1週間以内に飼主が現れなければ、待っているのは殺処分。まず、収容1日目の部屋(写真左)には3匹の犬が入っていました。仲良くしていそうだったが、その中の1匹は1月前にコンビニで出会った犬に似ている。良く見ると違う犬だったので、ホッとした。









画像続いて2日目の部屋。なぜかいきなり秋田犬。なんで君がこんなところに!?

















画像部屋の奥の角には小さな犬が縮こまってブルブルと震えていた。怖いんだろうな・・・

















画像こんな愛嬌のあるワンコも。飼主さん、早くきてやんなよ。って感じがする。

















画像2日目の部屋の前を離れようとしたとき、先ほどの秋田犬が意味ありげな流し目で見送っているように感じた。

















画像ひとつ右側にある3日目の部屋。ここでも、人に飼われていた犬はフレンドリーで、窓越しに近づいて来て何かを訴える。対照的に野良だったと思われる犬は警戒して近寄っては来ない。一番奥には倒れたまま、殆ど動かない犬がいる。ここに来て体調を壊してしまったのか?












画像この見学で一番印象に残ったのはこの犬。決して必要以上に近づいては来なかったが、何かを訴えるようにジッと見つめてくる。決して目をそらさない。でも、その足はずっと震え続けていた。おとなしい犬だったが、たった一度だけ、悲鳴としか思えない声で上を向いて「ヒャン」と鳴いた。













画像左の写真の右側の子犬は、このおとなしい犬を慕っているようで、この犬もまた、子犬を守っているように思えた。
















画像さらに右側に移動して4日目の部屋。ここには同じ日に同じ場所で捕獲された犬達が収容されていた。外見も良く似ているので兄弟犬なのでしょう。
















画像そして、5日目(最終日)の部屋。この部屋にいる犬達は、明朝8時半には殺処分されてしまう。つまり、現世での最後の写真。ストレスからか、喧嘩する犬もいた。




















画像この子の右目は大きな腫瘍で潰れている。重症なのだそうだが、実はこれ、飼主の持込み犬。持込み犬の場合、捕獲犬と違い、収容期間は1日のみで、持込んだ翌朝には殺処分だそうだ。ひたすら鳴き続けていた。泣ける・・・



















画像この犬は「キャイン、キャイン」と鳴き続けて必死に訴えてきた・・・(涙)


















画像この通路の奥は、その右側にある殺処分機に繋がっていて、犬達が最後に通る道。まるで、バイオハザード2に出てくる警察署の地下通路みたいなグロテスクな雰囲気が・・・















写真撮影はここまで。その先に続く処分施設も見せて頂きましたが、そこは撮影は許可されていないので、文字レポートだけ。処分施設内に入って、まず最初にかなり驚いたことが・・。この日は超大型犬が3頭持込まれたとかで、注射で処分されたその大きな3頭の死体が自分の足元にいきなり現れた時は言葉を失った。このような犬は他の犬を噛殺す可能性があるので、収容室には入れず、個別に処分するらしい。その先には焼却炉が・・ この辺は、もうあまり思い出したくない・・

最後に手術室を見せて頂き、見学は終了。見学後も質疑応答に丁寧に答えてくださった職員の方には本当に感謝しています。
最近、終生飼養という言葉が目を引きますが、犬の飼主にはこの考えがそれほど浸透してないのが現状のようで、以前より減ったとはいえ、まだ日本全国で年間数十万匹の犬・猫が殺処分されているらしい。センターでの様子や処分の状況などが広く知れ渡れば不幸な動物も減るのでは・・ この現実、どう思います・・・!?

にほんブログ村 犬ブログ 紀州犬へ にほんブログ村 犬ブログ 犬動画へ にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
飼い犬たちの光と影
先日、紀州犬タローは14歳の誕生日を迎えました。 歳を1つ重ねるということは、とても幸福なこと ...続きを見る
【紀州犬】犬と歩けば棒にあたる!【一期一...
2008/08/12 04:13
飼い犬たちの光と影
先日、紀州犬タローは14歳の誕生日を迎えました。 歳を1つ重ねるということは、とても幸福なこと ...続きを見る
【紀州犬】犬と歩けば棒にあたる!【一期一...
2009/02/19 01:10

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
悲しい現実ですね。
みんなに広く知ってもらうためにリンクお願いします。
kobunza
2009/03/19 10:02
当ブログへのリンクという事で宜しいでしょうか?
どうぞ、ご遠慮なくリンクしてください。
野郎
2009/03/20 21:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
動物愛護 #4 愛護センター見学 放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる